2016年3月20日日曜日

家のPCに外からつなぐ

ずっと家のLAN回線をテザリングでやっていたが
さすがに毎月8G境界を超えました。1000円払って1G買え
とドコモに言われるのが嫌になってドコモ光をつけることにした。
というかドコモやめればという意見もあるが…。

今回ドコモからもらったルータは RS-500KI というもの。
取説
http://web116.jp/shop/hikari_r/rs_500ki/rs_500ki_03.html
この取説によるとVPNを光電話のためにつくった的な話が書いている。
それをしっかり流用して遊ぶ。これを使うとアドレス変換とかしなくてもPCに楽に外からアクセスできる。

最近物忘れが激しいので一応書いておくが、VPNとは
https://ja.wikipedia.org/wiki/Virtual_Private_Network
これのこと。さらに説明する。
①家の外部にあるPC、スマホを家庭内LANに属させるのにつかう機能。
②またそこから発展して例えば中国の人とかが自分の所在地をごまかすのに使う機能。
なんでごまかせるか?
例えば北京の人がロンドンのVPNサーバーにつないだとする。すると北京からブラウザーを動かしてインターネットすると受け手側はロンドンのPCからアクセスしているように見えるため。このためのアクセス先のサーバーは公開されていて公衆VPNという。公衆VPNはいっぱいある。なぜやりたがる人が中国にいっぱいいるかは説明しない。表向きはセキュアな通信がしたいため。

今はVPNといえば②の意味でつかうことが多いのかもだが今回の話は①の意味で家のUBUNTUに外部からアクセスしまーすという話。なお昔②のようなことはproxyでやっていたが、今は流行らないらしい。(重くなるから)

まず外部と接続したルーターのIPを公開する必要がある。このIP、ルーター再起動しないと変わらないはずなので記憶してもいいが、名前をつけることにする。
それには私の解決はきまっていてDDNSを使う。今回もそうした。つかったのはこれ
http://ieserver.net/
というか私がDDNSをつかうときはこれしか使わない。LINUXで使いまわせるのがすでにわかっているから。いつものように名前を決め、cronにスクリプトをセットする。
これで外部からいつも決まったURLでアクセスできる。IPをいちいち記憶する必要がないので便利。

ここからのVPNサーバー立ち上げ作業は
http://ezxnet.com/android/entry5803/
 これのとおりにしたのでOK。すべてうまくいった。